神経衰弱の概要について

神経衰弱(しんけいすいじゃく、英: Neurasthenia)は、1880年に米国の医師であるベアードが命名した精神疾患の一種である。
症状として精神的努力の後に極度の疲労が持続する、あるいは身体的な衰弱や消耗についての持続的な症状が出ることであり、具体的症状としては、めまい、筋緊張性頭痛、睡眠障害、くつろげない感じ、いらいら感、消化不良などが出る。
言ってみればァルバィト時代のコーチ、もしくは上讨の役目が 今の神経衰弱に回ってきている。
神経衰弱意外な一面も魅力のひとつと、ここまでお話を伺うと強靭な女性経常者のょうなイメージですが、こんな一面もあるそうだ。
「本当は経営者には向いていないと思うのですね。二番手 で実力を発揮するタイプ。目標を掲げてもらって、みんな で頑張ろうよ!って。でも、そこでステージを終わらせてしまってはダメだと思った。コミュニケーションも同じ。
苦手を克服するために、あえて経営者になったところはある。自信があるから起業したわけではなく、次のステッブアップのために起業した。本当は常に自信がない人生を歩いているよ。それを克服するためには、私もまだまだ成長していかなくてはならないと思っている。」
病気として症状が不明瞭で自律神経失調症や神経症などとの区別も曖昧であるため、現在では病名としては使われていない。