神経衰弱夏によくある食事療法

肺炎――去痰肺を潤すこと肺炎は肺炎双球菌やウイルスによる呼吸係の急性の病気.肺炎は肺の実の炎症を指す、その感染の因子と違い、細菌性、ウイルス性、アレルギー性、真菌性、肺炎のプラズマの性などがあります.漢方医学の所属温病、せきの範疇に.発症原因を温病初期、肺衛まず当たりの場合、正気の不足、衛表は固、御邪は外に、温邪立ち往生肺が詰まる,肺の息を閉じて、失は宣达で発症.ジャスミン豆腐スープの原料、新鮮なジャスミン根120グラム、豆腐250グラム.は新鮮なジャスミンの根や豆腐鍋に水の煮込み、効果は熱を下げてのぼせを治す痰を取り除き、肺を潤すこと.かぼちゃ牛肉スープ原料、痩せ牛250グラム、生姜6グラム.水の煮込み牛八成熟に加え、皮カボチャの500グラム、同煮込み、火、塩、化学調味料で味付けしたり、効果は痰を取り除き、排膿、利肺.慢性胃炎――健胃胃を温める慢性胃炎は、いろいろな原因で胃の粘膜慢性炎症性病変の疾病によって、形態変化に分けることができます表在性、萎縮性や肥厚性胃炎の部位に分けることができます;また胃体胃炎、胃洞炎.この病気の発生の常は食と胃、蒸し暑くて含蓄があり、かんしゃくを胃と好みを引き起こす素虚.食事療法を紹介:ミルクを原料とし、ミルクの適量、煮沸して、適用萎縮性胃炎の患者.姜枣湯の原料、赤いナツメのななしち枚、黒糖ひゃくグラム、生姜ごじゅうグラム.赤いナツメ、黒糖、ショウガのスープを作って鍋に入れ、ナツメを食べてスープを飲むことは、毎日いち度、慢性胃炎の痛みはびくびくして冷たい患者食用.水腫――利水養腎臓水腫体内に水液滯留、氾あふれる肌をまぶた、ヘッドの顔、四肢の、背も現れて、全身むくんで、胸の水、腹水.西医学の糸球体腎炎、ネフローゼ症候群,
増大薬正規品販売,充血性心不全、栄養障害と栄養障害による浮腫.浮腫が内外で発病二、外因風邪のほかに襲われ、肺失通調、または瘡毒~にひたる、内は肺の脾臓、或いは水濡れディップ、脾気が妨げられて、内因が飢え劳倦好みいっぱい傷つけたり、久病室劳伤や腎元.食療法は、トウガン1匹、赤小豆適量.冬瓜切りカバーに実を埋め、アズキ、カバー合固定、紙筋泥封固、乾かして、入糠の二大かご内、火から糠をとろ火で煮込んで尽き、冬瓜の切片を、同じ豆あぶって乾かす、研の末、水糊を丸梧あぶらぎりの実など大.効能は消炎、利水,神経衰弱、養腎臓.三皮飲みのスイカ、冬瓜、胡瓜各30グラム、水ソテー、茶飲み、消炎、利水、腎臓.糖尿病――を減らす糖尿病は全身慢性を性疾患は、一般的な代謝内分泌障害病.これは、ガン、心臓血管疾患に続いて、第3位は人々の健康と生命の疾病に危害を及ぼす.糖尿病とその他の病気に比べ、その独特なところは患者の真の医者は自分です.多くの予防措置も自分で掌握し、特に飲食原則を把握し、糖尿病に有益な食品を利用して補助治療を行う.食療法はゴーヤ細切り肉細切り原料、新鮮なゴーヤ25.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です